子育てとの両立

結婚や出産、育児を機に現場を離れた薬剤師は、一定期間するとまた職場に戻りたいと考えるでしょう。あまり長い期間現場を離れていると復帰するタイミングを逃してしまったり、医療や薬学の進歩についていけなくなる危機感を感じるため、産後2年ほどのうちに復帰したいと考える女性も多いようです。

ブランクを最小限にとどめることでキャリアアップにもつながりますが、そのためには家族はもちろん、職場のサポートも必要です。子供が小さいうちは病気になって休まなければいけないこともありますので、緊急時に職場内でヘルプ体制が整っていることが必須となります。また、二人目や三人目と出産する可能性がある場合は産休や育休精度が整っていることも大切です。また、子供を保育園等に預けて送り迎えが必要な場合、時短勤務や残業のない勤務を希望することもあります。

これらが制度として整っているだけでなく、職場の仲間が気持ちよく受け入れてくれる環境であれば、母親としても薬剤師としても安心することができます。また、正社員として勤務するか、パートとして勤務するかで、給与や労働条件が大きく変化しますが、ママさん薬剤師の活躍は多くの場所で期待されています。

薬剤師の不足

薬剤師が転職しようと思ったとき、様々な注意点があります。第一に、薬剤師は不足していますので求人情報は多くありますが、条件だけで決めてはいけません。調剤薬局やドラッグストアは地方まで店舗を拡大しており、薬剤師確保のために好条件を提示していますが、実際には残業代等を含めた金額で提示していたり、中には年俸制などをとっている店舗もあります。

働く場所や働き方によって条件や給与が大きく変わってきますので、これから先の仕事の仕方をよく考えた上で決めましょう。自宅の近くの職場を希望し転勤はしたくない場合、自宅に近い大きい病院が便利でしょう。ドラッグストアは店舗が多いため他店舗に異動する可能性もありますし、調剤だけでなく商品の陳列等の仕事もしなければいけないことを知っておきましょう。

また、転職の際には転職の理由をしっかり説明できなければいけません。もし人間関係が円滑ではなかったためだとしても、自分が問題改善のために努力したことなどをしっかり説明できなければ、難しいでしょう。薬剤師の求人情報を探すなら転職サイトを利用するのがおすすめです。コンサルタントのサポートが受けられるため、転職がスムーズにいきます。コンサルタントと希望の待遇に合ったところをしっかり探し、安易に妥協して再び転職しなくてはいけない事態に陥らないよう注意しましょう。

薬剤師認定制度

医学や薬学は日々進歩しており、薬剤師も高度な知識や技術を求められています。そのため、薬学系の大学や団体、学会では特定の専門的な知識を持った薬剤師の資格を設立し、研修や試験等を行い、認定証を授与しおり、これを認定薬剤師制度と呼んでいます。

認定薬剤師を取得し、薬剤師に指導する役割を果たした上で更に研究活動等もできる能力がある場合、試験に合格すると専門薬剤師となることができます。しかし認定薬剤師の資格のみ持っている場合もありますし、認定薬剤師の資格を取ることなく専門薬剤師になることも可能です。認定薬剤師の種類をいくつか紹介します。

「がん薬物療法認定薬剤師」は5年以上の実務経験がある薬剤師が、がん薬物療法認定薬剤師認定試験に合格すると得ることができます。日本病院薬剤師会が制定しており、難易度の高い資格ですが、大変需要が高いため認定者数は1000名以上です。「感染制御認定薬剤師」も日本病院薬剤師会が認定しており、2006年に誕生しました。実務経験5年以上の薬剤師が認定試験に合格すると得ることができます。感染制御・感染防止に関する専門家で、大変種類が多い消毒薬や抗生物質の効果的な利用方法などに関する知識が求められます。