薬剤師認定制度

医学や薬学は日々進歩しており、薬剤師も高度な知識や技術を求められています。そのため、薬学系の大学や団体、学会では特定の専門的な知識を持った薬剤師の資格を設立し、研修や試験等を行い、認定証を授与しおり、これを認定薬剤師制度と呼んでいます。

認定薬剤師を取得し、薬剤師に指導する役割を果たした上で更に研究活動等もできる能力がある場合、試験に合格すると専門薬剤師となることができます。しかし認定薬剤師の資格のみ持っている場合もありますし、認定薬剤師の資格を取ることなく専門薬剤師になることも可能です。認定薬剤師の種類をいくつか紹介します。

「がん薬物療法認定薬剤師」は5年以上の実務経験がある薬剤師が、がん薬物療法認定薬剤師認定試験に合格すると得ることができます。日本病院薬剤師会が制定しており、難易度の高い資格ですが、大変需要が高いため認定者数は1000名以上です。「感染制御認定薬剤師」も日本病院薬剤師会が認定しており、2006年に誕生しました。実務経験5年以上の薬剤師が認定試験に合格すると得ることができます。感染制御・感染防止に関する専門家で、大変種類が多い消毒薬や抗生物質の効果的な利用方法などに関する知識が求められます。