薬剤師の不足

薬剤師が転職しようと思ったとき、様々な注意点があります。第一に、薬剤師は不足していますので求人情報は多くありますが、条件だけで決めてはいけません。調剤薬局やドラッグストアは地方まで店舗を拡大しており、薬剤師確保のために好条件を提示していますが、実際には残業代等を含めた金額で提示していたり、中には年俸制などをとっている店舗もあります。

働く場所や働き方によって条件や給与が大きく変わってきますので、これから先の仕事の仕方をよく考えた上で決めましょう。自宅の近くの職場を希望し転勤はしたくない場合、自宅に近い大きい病院が便利でしょう。ドラッグストアは店舗が多いため他店舗に異動する可能性もありますし、調剤だけでなく商品の陳列等の仕事もしなければいけないことを知っておきましょう。

また、転職の際には転職の理由をしっかり説明できなければいけません。もし人間関係が円滑ではなかったためだとしても、自分が問題改善のために努力したことなどをしっかり説明できなければ、難しいでしょう。薬剤師の求人情報を探すなら転職サイトを利用するのがおすすめです。コンサルタントのサポートが受けられるため、転職がスムーズにいきます。コンサルタントと希望の待遇に合ったところをしっかり探し、安易に妥協して再び転職しなくてはいけない事態に陥らないよう注意しましょう。