薬剤師の歴史

古来、日本の医療は投薬が中心でしたので、薬剤師という職業はなく、医師が薬を処方していました。しかし西洋では暗殺されることを恐れた王によって医師が薬局を持つことを禁止したため医薬分業が確立し、薬剤師という職業が確立しました。診断書を書く医師と薬の管理を行う薬剤師を分けることによって、不適切または過剰な投薬を防ぎ二重チェックを行うことで患者を守ることができます。

日本では明治の近代化によって西洋の医療制度を取り入れられ、「医制」によって定められました。現代日本での薬剤師の役割は薬剤師法によって定められており、調剤や医薬品の供給によって公衆衛生の向上・増進に貢献し、国民の健康な生活を確保することとされています。

日本で薬剤師になるためには学校教育法に基づいて6年制の薬学部を卒業し、薬剤師国家試験に合格しなければいけません。この試験に合格すると薬剤師名簿に登録申請し、厚生労働大臣によって免許をもらいます。2005年までに薬学部に入学した場合は4年制、2006年以降に入学した場合は6年制と変更があったため、2年間は薬剤師国家試験の合格者が大変少なくなりました。
また、2012年に誕生した6年制を卒業した薬剤師の多くは大病院や製薬会社に就職したため、調剤薬局やドラッグストアでは薬剤師が不足しています。また都市部に比べて地方での不足は深刻化しており、薬剤師確保のために好条件を提示しているところも多くあります。